大峰山遭難事故救。救出されたのに「 死にたい」そう思った。

Posted by in 山で遭難

この事故はもう、数十年前にもなりますが、
未熟さと気の緩みから起こしてしまった遭難事故。

少しでも私のような未熟さが故による「遭難」してしまった
「例」がお役に立つならば是非話をしたい。

毎年山岳遭難事故が増え続けております。

遭難して生き残ったとしても、
かなりのリスクを背負うことや 

周りの方々に多大なご迷惑がかかることを
経験からお伝え出来れば
↓ ↓ ↓

【大峰山遭難事故】幻聴が止まらない。捜索10日目奇跡の救出へ

           

           

           

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

【大峰山遭難事故】 死にたい。救出されたのに・・2016年9月救助隊長と再会へ

↓ ↓ ↓

山で遭難しないために知っておくべきこと

           

           

           

【大峰山遭難事故】幻聴が止まらない。捜索10日目奇跡の救出へ

私は、自分の力量を過信し、尚且つ様々な情報を的確に分析し判断をせずに道迷いを起こしてしまいました。
年々増加する山岳事故。どうか十分な準備と、状況判断をして山を楽しんでほしい

遭難で一番多い原因が”道迷い”。今回は、大峰山脈で実際に10日にもわたる遭難にあい、
奇跡の生還を果たしたjyunntarouさんに、当時のお話をお聞きしました。
山を楽しむためにも、改めて自分の力量、準備、知識が十分なのか見直したいですね。

とあるラジオでこう流れました。
「神戸の高校生、大峰山遭難事故捜索、本日で打ち切り・・」しかし当時同じ高校だった4人グループは奇跡的に生還したのです。

テレビやニュースで遭難事故を耳にしても、
その実態はほとんど報道されることがなく、専門誌や書籍、特集などで目にする程度です。
今回は、10日間にもわたって行方不明だったにも関わらず、
奇跡的に生還した大峰山脈遭難事故の当事者の1人、jyunntarouさんに当時の様子をお話して頂きました。

この事故はもう、数十年前にもなりますが、未熟さと気の緩みから起こしてしまった遭難事故。
少しでも私のような未熟さが故による「遭難」してしまった「例」がお役に立つならば是非話をしたい。
毎年山岳遭難事故が増え続けております。
遭難して生き残ったとしても、かなりのリスクを背負うことや 
周りの方々に多大なご迷惑がかかることを経験からお伝え出来れば

遭難したのは、付近に世界遺産の大峰山寺などがある奈良県 大峰山脈の”小笹谷”付近です。
女性禁制の女人結界門や鍾乳洞が存在し、毎年多くの登山者が訪れます。
jyunntarouさんは、すでに六甲の難関と言われる「大月地獄谷」や「西山谷」を全て直登していたため
自分の力量への過信がありました。
また、つきあげた稜線には避難小屋もあるし大丈夫だろう・・・という軽い気持ちで2泊3日の山行に4人で向かいました。

発端は”地図の過信”が招いた道迷い
当時使っていた登山地図には、小笹谷・ノウナシ谷など”赤い波線道”が記されていたと記憶しています。

赤い波線が付いた道は難路ではあるものの、”道”を示していたはず。
地図を鵜呑みにして、目の前の状況を見なかったことで、登山道を外れトラバース道に迷い込んでしまったのです。

しばらくは道迷いをしたことに気付かず、地図でも本でも見た覚えのない滝を見て、
はじめて「迷った」と気づきました。
しかしその時にはすでに谷と谷の間に挟まれ、戻ることが出来なくなっていました。

1日目は順調だったものの、2日目小笹谷付近で、気づけば登山道を外れ見覚えのない滝にぶつかりました。
30mはあるであろう滝を目の前に、
高巻をして脱出を試みてもすでに日は暮れ、崖の上でロープに繋がりビバークをしました。

1日目に神童子谷の河原で、飯盒でお米を炊き、焚火をしながら高校生にしては豪華な宴をしていました。
まさかこのあと遭難するとも思わずに・・・
2日目のビバーク時には持ってきた食料はすでに半分以下でした。

すでに食料が底をつきそうな状態だったため、煮沸した川の水を飯盒に多めに入れ、
スープは更に多めに水を入れ、味のしないおかゆとスープを4等分に綺麗に割って、胃に流し込む。
ただ生きるためになんとか栄養と水分補給をしていたような状態です。

2日目から、雷雨の影響もあり身動きがとれなくなってしまいました。
ビバーク箇所はそのままに、
リーダーだった自分はなんとか”道”を探そうと、崖を登攀し無我夢中でした。気づけば腕や足は傷だらけ・・。

遭難4日目頃でしょうか、意識が朦朧としはじめ、高熱を出してしまったのです。

高熱で朦朧としている上、雷雨が続いていました。テントのポールは金属なのでとても怖い。
しかもドーンと雷が落ちると地面が揺れるんです。
私たちはテントから這い出て、雷雨の中身を寄せ合って暖をとり、声を掛け合いました。

いよいよ4日目には食料が底をつきました。
最後の食事になった、ほぼお湯?なおかゆ。それでも大事な食事です。

高熱を出し震えていた私に、差し出してくれたおかゆを見ると・・・明らかにほかのメンバーよりも量が多い。
口数が多くないメンバーの一人がこう言ったのです。
「お前はリーダー。大変な苦労をかけて道を作ってくれた。
手足見てみろや・・傷だらけや・・。食べろ。元気出してもらわんと・・・。」

素直に、流し込みました。今でもその言葉は、その光景は鮮明に覚えています。
しかも翌日には不思議と熱もひいていました。
もしあの時、みんなの気遣いがなかったら、もしかしたら死んでいたかもしれない。

「これ、俺たちのことだよね?」情報収集のために連日つけていたラジオ。
途中で単三電池が切れてしまい、懐中電灯の電源とつなげてどうにか復活をしました。
しかしそこから聞こえてきたのは、まさに自分たちのこと、
そして生存の期待は難しいだろう・・そんな内容が流れたと記憶しています。

食料が底をつきたので、「光合成しようぜ」なんて話ながら雨があがると太陽を求めて、
そんな冗談を言い合いながら気を紛らわしました。
時折聞こえるヘリの音は、きっと私たちを探していたのでしょう。
音が聞こえると必死でタオルをまわしましたが、ヘリは間もなくどこかへ消えて行ってしまいました。

気づけば遭難から10日も経っていました。ラジオからは捜索打ち切りの知らせが流れ、

極度の空腹と、寒さ、そして幻覚や幻聴が止まらなくなり、全員が平常心を保つのが不可能な状況になっていました。

子供の声が聞こえる・・橋を見つけたよ!・・水道の蛇口があるよ・・お経が聞こえてくる・・。
私たちは4人とも幻覚と幻聴が見えている状態でした。

食料もすでになく、「もう死ぬんだな」と全員が声をかけあうわけでもなく、
それぞれ遺書を書き始めたのです。死を覚悟した、
いや、半ば生きることを諦めかけていたのかもしれません。

一瞬、幻聴かと思いました。遺書を黙々と書いていた手が止まり、4人で顔をあわせました。

足音と共に、会話が聞こえてきたんです。それは幻聴ではなく捜索を切り上げ引き返す、救助隊の方だったのです。
大滝にロープで垂らしておいた黄色いポンチョを偶然発見し、
私たちは10日目にして奇跡の生還を果たしました。

救出されてホッとしたのは束の間、
私たちを待っていたのはマスコミや学校からの追求、
無期限停学処分、
そして高級車は軽く1台は買えるであろう救助費用の請求でした。
引用元⇒【大峰山遭難事故】幻聴が止まらない。捜索10日目奇跡の救出へ

           

           

           

【大峰山遭難事故】 死にたい。救出されたのに・・2016年9月救助隊長と再会へ

10日にも及ぶ遭難の末、奇跡の救出をはたした4人の高校生。
しかし彼らを待っていたのは、
マスコミ各社の追求、
無期限停学、
家族への多額な請求など想像もしえなかったことが次々と起こります。

遭難をすると、どれだけの人が動いてくれるのか身をもって体感します。
救助隊だけでなく、
教師や機動隊、
そしてマタギの方も協力し救出してくれたのです。

下山した村には、パトカーや消防車だけでなく検死医も待機。
つまり、”もう命はないだろう”と最悪の事態を想定されていた状況だったことが伺えます。
救出された4人は、まずは健康状態を調べてもらい
そのまま村の旅館に急きょ設けられた共同記者会見場へ連れて行かれます。

旅館に設けられた会見場。とにかく急がされました。
記者会見が終わったら、
警察の取り調べが始まり、
学校の取り調べ、
そしてリーダーの私だけ各社のマスコミの取材が個別に始まります。
具体的なメディア名は控えますが、地元の新聞社、大手の新聞社、テレビ局など・・
ほぼ10日間も水しか口にしていないのに、コレは拷問でした。

今回、認識の甘さから引き起こした道迷い遭難。
学生にも関わらず、学校へ登山計画を未届だったと言います。
当時、jyunntarouさんの通っていた学校には山岳部がなく、
遭難した4人をはじめ署名活動をつづけ”山岳部発足”の条件を満たし顧問を探していたタイミング。
登山計画が未届だったため、当然学校にも多くの心配と迷惑をかけ、
jyunntarouさん達を待っていたのは、無期限停学処分という厳しいものでした。

マスコミからの追求や周りの目、そして無期限停学による自宅を一歩も出られない日々。
jyunntarouさんは精神的に追い詰められ、沢山の人が必死に命を救ってくれたにも関わらず何度も、
自らの命を絶つことを考えます。

今回捜索に関わってくれた人は、約200人。後日、家族の元に届いた請求は、
捜索に関わる細かい雑費や交通費、食事代や旅館代なども含めると、
軽く外車が1台変えてしまうような金額にまで膨れ上がっていたのです。

遭難から少し治まって日を置いてから、お世話になった方々への菓子折りをもってのお礼参り・・・。
無期限停学を受けていた自分は動くことが許されず、
母親をはじめ家族が動き回ってくれていました。

しかも通っていた高校は、この事故をきっかけにすべての部活を対象に、夏の対外試合を全て自粛させ、
それまで必死に練習してきた部員のみんなに謝っても謝りきれない状況になってしまった。また、
無期停学を喰らいますと、なかなか進路も難しくなります。申し訳なくて、本当に辛かった。

その後
4人を救ってくれた救助隊長の神橋さんに数十年ぶりに会えて、お礼と謝罪が出来、
事故の後も山を続け人生を続けてきてもずっと心の中にあった苦しい感情が、奇跡と偶然の出会いで救われたといいます。

車を置いている所に到着すると、笑顔を見せてくださいました。「神橋と申します。一つだけ言っておきますね・・・。」
「沢に行くなら、時間を考えて登りなさい。」
「はいっ!」私は、直立不動の姿勢で 返事をしました。
神橋さんの目が許してくれていました。そして、Uターンして洞川の村まで帰る車のテールランプが消えるまで見送りました。

月日が流れ、今、jyunntarouさんは教師をしているそうです。
今回奇跡の出会いがあった温かい洞川の住民の皆さんや神橋さんのエピソードをはじめ山での様々な経験を、
自分だけの記憶に留めず、子供たちにも語っています。
今年卒業した教え子には、手作りの卒業証書と、”先生の登山姿の写真入り(!)”のお守りカードもプレゼントしたとか。
きっと子供はいつか、jyunntarouさんに聞いた話を理解し実感する日が来るのかもしれません。
引用元⇒【大峰山遭難事故】 死にたい。救出されたのに・・2016年9月救助隊長と再会へ

           

           

           

山で遭難しないために知っておくべきこと

山での遭難事故は増え続けています。計画不足、体力不足、経験不足が主な原因です。
 大きな遭難事故になるまえに、対処できることもたくさんあります。
ここでは最低限知っておきたいことと、その対処法を紹介します。

道迷い
迷った! 気づいたら道が分からない――
    ⇒道に迷ったら引き返す、見通しのきく場所へ登ることが原則

 山岳遭難事故で、件数が多いのが「道迷い」です。
 予定とは違う道に進んでしまったり、道ではない場所へ入りこんでしまったら、
いったん行動を中断し、落ち着いて対処を考えましょう。
 「このまま進めば目的地に着くはず」といった思いこみは深刻な事態を招きます。
歩きつづけるうちにさらに状況が悪化しかねません。

 コースの誤りに気づき、進んできた道が判別できる状況なら、
地図で確認できる地点までもどることが第一。

もしヤブなどに入りこんでしまったら、できる限り安全なルートを探りながら尾根上へ向かって登ります。
見通しのきく地点まで登れば、周囲の地形から現在地を把握しやすく、解決の糸口も見えてきます。

 下るほうが楽だからと、安易に下ってしまうと、
滝や急流に阻まれ、進退きわまってしまう、
または足を踏み外して転落・滑落事故を起こしてしまうことがあります。
沢へ下るのは危険だと認識しておきましょう。

 もちろん、道迷いを起こさないためには、出かける前にコースを下調べし、
地図を必ず携行して歩き、行動中はこまめに地図を開いて
位置確認をしながら歩く習慣をつけることが大切です。

日暮れで道が分からない――
    ⇒早めに「ビバーク」を決断します

 行動中に何かアクシデントが生じ、
やむなく一夜を過ごす事態を「ビバーク」といいます。

 できれば避けたいビバークですが、日没後に無理して行動するより、
山中にとどまり、体力を温存して朝を待つと判断したほうがよいケースもあります。
その意味で、ビバークは危険回避手段のひとつといえます。
できる限り安全な場所を探して、一夜を明かす準備を整えましょう。

 このとき、寒気や風雨から身を守るのが、
ツエルト(ツェルト)やエマージェンシーシート、ロウソク、固形燃料などの用具です。

 ツエルトは簡易型のテントで、立ち木やロープを使って設営したり、
また状況によっては、単に頭からかぶって風雨をしのぎます。

1~2人用、3~4人用などのサイズがありますので、人数に応じて備えると、いざというとき役立ちます。
長いコースや泊まりがけの山歩きに出かけるようになったら、ぜひ備えておきたい用具です。

 エマージェンシーシートは、手のひらに収まる程度のサイズに折りたたまれたアルミ箔状のシートで、
広げて身を包むと保温効果があります。

ロウソクや固形燃料は、暖をとるだけでなく、シェラカップなどでお湯をわかすこともできます。
これらをコンパクトにまとめて、
非常食やヘッドランプ、救急薬品類とともに携行していると、山歩きの安心度も高まります。

2ケガ
すり傷、切り傷――
 ⇒傷口を洗い流し絆創膏などで手当てを
 傷口を洗い流し、消毒液や絆創膏などで手当てをします。
ただし、山ではどこでも流水が得られるわけではないので、傷口を洗い流すための真水を持っていなければなりません。
 飲料とは別に、小型のペットボトルなどに真水(水道水)を入れて携帯すると、
救急用に役立ちます。飲料の補助にもなりますが、下山するまで、少量でも残しておくことが肝心です。

 応急手当てのため、消毒液や絆創膏、山行日数によっては解熱剤や胃腸薬など、
最低限の薬品類をコンパクトにまとめて携帯しましょう。

ネンザ、骨折――
    ⇒適切な治療を受けるまで、応急手当で症状の悪化を防ぐ

 下山して医療機関で治療を受けるまで、症状が悪化しないよう応急手当てをします。

 ネンザの場合、ネンザした関節が動かないよう、タオル、テーピングなどで固定します。
足首をネンザし、靴を履いたまま下山する必要があるときは、靴の上から固定することもあります。
靴を脱いでしまうと、患部が腫れ、再び靴が履けなくなる可能性があるからです。
下山するときは、同行者の肩をかりたりして、患部になるべく負担をかけないようにして歩きましょう。

 骨折の場合も、患部を固定することで症状の悪化を抑えます。
布類だけでは不充分なので、副木やその代わりなるもの(折たたみ傘やストックなど)をあてて固定します。
タオルや衣類などクッションとなるものを巻きつけて、患部を押さえつける力が均等に分散するようにします。
患部の上下の間接までを固定するのが基本です。
引用元⇒山で遭難しないために知っておくべきこと山で困った時の対処法

           

           

           

以上
大峰山遭難事故救。救出されたのに「 死にたい」そう思った。
でした。

           

           

           

           

           

           

安否確認、
避難所検索、
情報収集に欠かせないものです。
↓ ↓ ↓
http://ddggi.xyz/ikiru/2018/06/15/apuri/

           

           

           

           

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない体と心の使い方

体と心は使い方がある。

というか
本来こう使ってなきゃいけない。

こういう
体と心の使い方をしていれば

苦しいんじゃないか
辛いんじゃないかってことが

のほほんとやり過ごせる。

体の使い方 IAP呼吸法

「肺の下の筋肉」を動かす

「IAP」とはIntra Abdominal Pressureの略で、
日本語に訳すと「腹腔(ふくこう)内圧(腹圧)」。

人間のおなかのなかには「腹腔」と呼ばれる、
胃や肝臓などの内臓を収める空間があり、この腹腔内の圧力が「IAP」。

「IAPが高い(上昇する)」という場合は、
肺に空気がたくさん入って腹腔の上にある横隔膜が下がり、

それに押される形で腹腔が圧縮され、
腹腔内の圧力が高まって
外向きに力がかかっている状態を指します。

IAP呼吸法とは、

息を吸うときも吐くときも、
お腹の中の圧力を高めてお腹周りを固くする呼吸法で、
お腹周りを固くしたまま息を吐ききるのが特徴です。

腹圧呼吸ではおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して(=高IAPを維持)、
おなかまわりを「固く」するということです。

腹腔の圧力が高まることで体の軸、
すなわち体幹と脊柱という「体の中心」が支えられて安定し、
無理のない姿勢を保つことができるわけです。

そうして体の中心を正しい状態でキープすることで、
中枢神経の指令の通りがよくなって

体の各部と脳神経がうまく連携。
そのため、余分な負荷が減るという理論です。

・腹圧が高まることで、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定する

・体幹と脊柱が安定すると、正しい姿勢になる

・正しい姿勢になると、中枢神経と体の連携がスムーズになる

・中枢神経と体の連携がスムーズになると、体が「ベストポジション」(体の各パーツが本来あるべきところにきちんとある状態)になる

・体が「ベストポジション」になると、無理な動きがなくなる

・無理な動きがなくなると、体のパフォーマンス・レベルが上がり、疲れやケガも防げる

まずは横隔膜に目を向けること

横隔膜は呼吸に関する筋肉で、
肋骨に囲まれているもの。
この横隔膜こそが「IAP呼吸法」のポイント

「横隔膜の可動力」がきわめて重要
胸だけの浅い呼吸をしていると、
肺の下にある横隔膜をあまり動かせないため、
本来上がったり下がったりする横隔膜の動きが悪くなります。

するとおなかに圧力はかかりにくくなり、
体は縮こまり、姿勢が悪くなり、

中枢神経の信号も体の各部に届きにくくなるため、
より疲れやすい体になるわけです。

逆に横隔膜をしっかり下げて息を吸えば、
腹腔が上からプレスされ、
外側に圧力がかかることに。

横隔膜を下げながら息を目一杯吸い、
お腹をパンパンに膨らませたまま息を吐くのが、
自然に腹圧がかかった「腹圧呼吸」。

横隔膜を下げて腹腔内に圧力が生じた結果、
おなかは外側へ膨らみ、
体幹まわりの筋肉が360度ぐるりと伸びることになります。

これが、おなかが大きく固くなる仕組み。

また、「おなかの内側から圧力」がかかると、
それを押し返そうとして
「おなかの外側からの筋力」も働くことになります。

このダブルの力で、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定し、
姿勢が整うということ。

これが、IAPを高めることによる
「体の中心・基礎固め」効果だといいます。

横隔膜を下げたまま息を吐くには、
「お腹は膨らませたまま」
「肩を上げない」
のがコツ

「腹圧を高めておなかを膨らませたまま、息を吐く」
感覚をつかむためにも、
最初は指先を足のつけ根に差し込んで練習するのがいいです。

そして慣れてきたら、今度は手を使わずに行い、

立ってできるようになったら普段の生活でも「IAP呼吸法」を実践し、

できるだけ腹圧を高めて呼吸するようにシフトしていけばOK。
引用元⇒疲労予防・回復のためにスタンフォード大学で用いられる「IAP呼吸法」とは?

           

           

           

心の使い方

           

目標は「苦の場数」にしておく

           

生きてて毎日
嫌だなあ、避けたいなあ
ってことだらけですか?

だったら試してください。

           

1、今、嫌だなあ、避けたいなあ
と思っていることは何ですか?

2、そのことの場数を踏むことを目標にします。

1、が、ヘマやって恥かくこと
だったら
2、ヘマやって恥かくことの場数を踏むことを目標にします。

           

どんどん
次から次から

嫌だなあ、避けたいなあ

って思うことが出てきたら

それみんな

場数を踏む
っていう目標にしちゃいます。

           

嫌なこと、辛いことは、
それの場数を踏むことを目標にする。

抽象的に、

喧嘩の場数、

ナンパの場数、

恥かく場数、

とかじゃなくて、

具体的に、ピンポイントで、
クロ-ズアップして、

一つの動作、行為、現象に絞って、
その場数を目標にする。

殴られた痛みの場数。

声かけて無視される場数。

下手なことやって
罵声を浴びせられる場数。

反復練習のパタ-ンとして

これを繰り返せばいいんだ
と分かりやすくしておく。

1、場数を踏むという目標にする。

2、こういうことの反復練習

という具体的な行動
を目標にする。

           

避けよう逃げようとしてもいいから

また向かっていく。

繰り返し繰り返し

向き合う。

と思っておく。

           

一回一回を
数の一つだと
いい加減にかたそう、済まそう
とするんではなく、

一回一回を
大事な数の一つとして

大事に扱う、
大事に味わう、

一回一回を
一つ一つを
一瞬一瞬を
いとおしむ。

そう思って取り組む。

一回一回を
一つ一つを
一瞬一瞬を

いとおしむ
というイメージを持ってやる。

いとおしむとは
どういうイメージか
考えながらやる。

苦しみを
のほほんと
やり過ごす方法は

いとおしむという
気持ち、イメージを

苦しいことに対して

意識して使うこと。

           

場数を踏むにはコツがある

カバは何度も海に挑んで
イルカになった。

場数を目標にするんですが、
一つの行動を
最後までやり遂げて、
一つやった、チェック。

でもいいけど、

一つの行動のここまでやってみた。
きつかった、一つチェック。

でもいいです。

スクワット100回の
一回ごとに
チェック。

でもいい

ということです。

リアルの手帳にチェックでもいいし、
スマホのメモ帳でもいいし、
頭の中だけで

「はい、ひとつチェック」

でもいいです。

場数が目標だけど
1日何回を目標にする。
って決めなくてもいいし、

決めるとしたら、
スクワット100回の
一回ごとにチェックなら
いろんな場数の1日の目標は
1000でいいかもしれません。

スクワット100回やって
一回チェックでやっていくなら
いろんな場数の1日の目標は
10とか20とか
せいぜい100ぐらいに
しといたら
いいんじゃないでしょうか。

苦の場数記録帳

チェックの仕方もいろいろ工夫してみる。

チェックの形式もいろいろ工夫してみる。

正正正とか、チョンチョンとか、、
黒く塗りつぶしていくとか、
黒丸黒丸黒丸とか、

グラフとか、

やったことを書き留めていくとか、

ランク付けして
これやったら10ポイントとか
起きるのきついから10ポイント。
ナンパ20ポイント。
慣れてきたから5ポイント。
(悪用禁止。自殺100ポイントとか)

チェックしてそれを
集計、比較してみる。

1日の集計、昨日との比較。
1週間の集計、先週との比較。
一ヶ月の集計、先月との比較。

チェックの仕方を工夫して
面白くすると
チェックしたくて
行動するようになってしまう。

嫌かな、つらいかな
と思ったら
これはポイント20くらいかな
と考える。

やろうと思って
出来なかったことであっても
ポイント1にする。

挑戦しようとして
挑戦出来なかった
そのことを評価する。

           

           

           

           

いじめや嫌がらせから抜け出す方法は、
必ずあります。

電話やメールで相談したり、
いま起きていることをメモに記録したり、

他の人たちの経験を参考にしたり、

イザとなったら弁護士や警察に相談することだってできます。

このサイトにはいろいろな方法がのっています。
↓ ↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/08/12/izime/

           

           

           

           

ハプニングやスクープを投稿したらお金になった。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLP1D+9ZLUXM+3X86+5YJRM

           

           

           

            

お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S28502260/

メールが確認できれば48時間以内に返信いたします。
このやり取りをQ&Aコーナーで使わせてもらいますが
よろしいでしょうか?

毎回の仕事の内容を
インスタ記事にしてます。

◆インスタグラム記事◆

2018.9/26
有明一丁目でオフィス備品搬出作業。

デスク、椅子、ロッカー、棚はみんな台車でエレベーターで
トラックまで運べました。
ホワイトボ-ドだけばらして立ててエレベーターに入れました。

2018.9/25
大手町近くのビルでオフィスの椅子搬入作業。

地下の駐車場にニトントラックが空になったら次、空になったら次、
を繰り返しました。
業務用エレベーターで上の事務室に運びました。

2018.9/23
恵比寿駅近くのビルで

床材、残材のトラックに積み込み。

そのあと掃除、雑巾がけ、テ-ブル、椅子の設置しました。

2018.9/22
神楽坂近くのビルでPCセッティング作業。

古いPCの線外して新しいのとコ-ドもPCも取り換えて、
PCの中の設定もやりました。

2018.9/21
渋谷NHK近くのビルで什器搬出作業。

通路を養生して4トントラック二台に
六階から椅子、テ-ブルをエレベーターで下ろして積み込みました。
テ-ブルはエレベーター狭いので立てて入れました。

2018.9/20
高円寺純情商店街 のビルで
什器搬入、パーツセッティング

トラックからガラスケ-スのすごく重たいのを
四人がかりで二階に上げました。
みんなよくやったと拍手しました。

2018.9/19
南千住駅近くのビルでロッカー搬出作業。

二階から階段下ろして4トントラック四台積み込み。

ロッカー一杯あって腕の筋肉、限界寸前でした。

2018.9/18
葛西駅近くの倉庫で
いろんな部品、部材を仕分けして箱にまとめて、

台車に重ねて4トントラックに積み込みました。

2018/9/15
虎ノ門駅近くのビルで資材搬入作業。

ボ-ドを立て掛けて運べる台車で、
段差を乗り越えられなくてひっくり返してしまいました。
二枚、端が傷つきました。

業務用エレベーターで上げて養生シ-トの上に下ろしました。

2018.9/14
秋葉原の神田川近くのビルで砂利、プランタ-搬入作業。

車から台車に乗せてエレベーターで一番上まで上げて、
そこから階段で屋上に上げて、

プランタ-に植木を並べて、砂利をギッシリ入れました。

2018/9/12
原宿で 厨房機器搬出、手元作業。

地下の厨房機器を外して二人で、四人で、
階段上げてトラックに積み込むのを
何度も何度も繰り返しました。

2018.9/11
喜多見駅近くの工事現場でキッチン搬入、手元作業。

トラックから工事現場の前にどんどん下ろして、
階段上げようとしたら狭くてダメだったので、

工事現場の足場の邪魔になるものや、窓を外して、二階、三階に四台、
紐で釣り上げて窓から入れました。

2018.9/10
東新橋
什器荷下ろし、搬入、設置、パネル設営作業。

トラックを扉の前までバックで着けて、
パレット、台車でエレベーターで上げて、

図面を見ながら並べました。

2018.9/8
錦糸町駅 近くのビルでテ-ブル、資材搬入、開梱作業、ダンボ-ル引き下げ作業。

地下の駐車場でトラック四台を横付して養生の上に下ろして逃がして
を繰り返して、養生の上で梱包をばらして、
テ-ブル、椅子を台車で業務用エレベーターで上の事務室に運びました。

ばらした梱包を畳んで車に積み込んで外に出しました。

2018.9/7
自由が丘駅近くのビルで資材搬入、間配り作業。

トラックを前に着けて、一階ホ-ルに養生した所にどんどん運んで、
トラックを行かせて、
二階も養生して二階のものを階段で壁に当てないようにしながら上げました。

2018.9/6
富士見台駅 近くのビルで機械搬入作業。

エレベーター回りとエレベーターの中養生して、
トラックから台車に機械乗せて
九階に上げて屋上へもっていきました。

長いの二本は階段で九階まで上げて屋上にもっていきました。

2018.9/5
西浅草の工事現場で家具、建具搬入作業。

トラックから階段で家具、建具を二階の養生した上にどんどん運んで、
家具の底に付いてる板と止め金外して設置しました。

2018.9/4
氷川台 近くのビルで機械搬出作業。

トラックをバックで着けて、エレベーター回りを養生して、
屋上の機械、電線を台車でエレベーターで下ろして
トラックに積み込みました。

長いの三本は八階下まで階段で下ろしました。

2018.9/3
品川駅 近くのビルで厨房機器搬入作業。

カウンタ-に乗っかってるもの同じ順番で移動して、毛布を敷いて、
古い厨房機器を出してエレベーターで下ろして

新しいのをカウンタ-乗り越えて設置して、
毛布片付けてカウンタ-にあったもの元の順番で戻して、

汚れた所掃除して終わりました。

2018.9/2
一番町 で木工什器搬入作業。

4トントラックから木工什器を階段下ろして

3つの部屋に置きました。

置きなおしもしました。

2018.9/1
羽田空港第2ターミナル 内で厨房機器搬出作業。

壁から外して段差を乗り越えて、
台車で業務用エレベーターで地下の駐車場で、まとめて置く。

これを繰り返して全部置いて、
トラックをもって来て積み込みました。

2018.8/31

2018.8/30

2018.8/28

2018.8/27

2018.8/26

2018.8/25

2018.8/22

2018.8/20

2018.8/19

2018.7/27

2018.7/26

2018.7/24

2018.7/22

2018.7/21

2018.7/21
大道芸 を
フジテレビと自由の女神のそばでやってました。

しゃべりも面白いし
バックで流れてくる音楽もいいタイミングだし
技もすばらしい。

風船で何か作るのから始まって、
高い一輪車に乗ったままピンを三本ホイホイやったり、
紙袋に入ったビンが一瞬で麦茶が入ったワイングラスになったり、
剣三本とリンゴをホイホイ投げながら
リンゴをがぶりを繰り返しやってました。

けっこう多くの人がお金渡してあげてました。

2018.7/20

2018.7/19

2018.7/18

2018.7/17
羽田空港第1ターミナル の三階で
厨房機器入れ替え作業。

荷物用エレベーターから厨房まで養生シ-トを敷いて、
古いのを外して狭いところを持ち上げて
入れ替え作業しました。

2018.7/15
 

 

2018.7/13

2018.7/12

2018.7/11

2018.7/9

2018.7/7

2018.7/6

2018.7/2

2018.7/1
東宝スタジオの3スタジオで
什器運搬作業。

きのうビニールシ-トでくるんでおいた
発泡スチロールの砂浜と発泡スチロールのでかい岩を
大型トラックに積み込み。

でも前の現場の作業が終わらなくて
トラックなかなか来ませんでした。

2018.6/28戸越銀座 の保育園の新築工事現場で
建具搬入作業。

トラック三台分二階と三階にリレ-で上げたり、
二人で上げたりしました。
各部屋に運んで設置しました。

引用元⇒インスタグラム

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

アンテナサイト

アンテナサイト

アンテナサイト

youtube
竜馬と空海にはつながりがあった。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画

まとめサイト




メルマガです。
↓ ↓ ↓

https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

LINEです。
↓ ↓ ↓
友だち追加

インスタです。
↓ ↓ ↓
Instagram