エリザベス・テイラー

ジェットリンクのジェームズ・デイーンの哀愁。「ジャイアンツ」

2018.2/6六本木、国立新美術館の近くで搬入、開梱作業。
    重かったし、ばらすのも骨が折れました。

2018.2/5東高円寺で工事現場でエッチラオッチラ荷運びやって
    ヘナヘナになりました。
    筋肉痛になるかと思ったけど平気でした。

2018.2/4の時点で面白かったドラマは
    「アンナチュラル」と「99,9」です。
    あとは観てないのでわかりません。

    あと、キムタクのボデイーガードのドラマがよかった。

    2018.1/22「鶴瓶の家族に乾杯」に要潤さんが出てて、
    飄々ぶりがとってもよかった。
    「要潤の家族に乾杯」でやってってほしいくらい。

2018.2/4公園に向かう道の真ん中に、
    まだカチンコチンの雪があります。

2018.2/3夕方から
    お台場のビッグサイトで「ギフトショー」の撤去作業やってきました。

2018.2/3西武新宿線が車両点検で、
    ホームで30分立ちん坊でした。
    でも仕事には間に合いました。

(「ジャイアンツ」ジェットリンクロープ遊びのシーン)

(「ジャイアンツ」ジェットリンク俺の土地だ)

(「ジャイアンツ」ジェットリンクとレズリー)

(「ジャイアンツ」ジェットリンク石油まみれで登場)

(「ジャイアンツ」ジェットリンクVSベネディクト)

「ジャイアンツ」

『シマロン』(1931年に映画化)などの小説で知られる
女流作家エドナ・ファーバーが
書き終えるのに12年間かかった
ベストセラー小説を映画化した、
ジョージ・スティーヴンス監督の大河ドラマである。

ドラマの中心となるベネディクト家は、
移り行くテキサスを映す鏡である。

監督は、その日常的な細部を克明に悠然たるテンポの演出で描くことによって、
雄大なテキサスのエピックを完成しようとした。
リアリズムを基調として、
澎湃たるテキサスの発達史を描きだそうとしたわけで、
野心的な試みである。

また、女性の自立の問題や人種問題など、
21世紀になった現在でも直面している問題に対して、
先駆的な問題意識を観客に届けている。

ロック・ハドソン(撮影当時28歳)、
エリザベス・テイラー(当時23歳)、
ジェームズ・ディーンの主役3名が出演。

ディーンは、この作品の撮影終了後の1955年9月30日、
交通事故により24歳で急死した。
引用元
ジャイアンツ


恋愛プログラムLEVEL ZERO

の蔡東植って有名な人なの?

恋愛プログラムLEVEL ZEROがすごく売れてるって本当なのかな。

覚えた瞬間から意識が変わるっていっているけど、
信じてもいいのかなぁ。

蔡東植について調べてみたら、
意外な結果が・・・あれって本当なのかな?

恋愛プログラムLEVEL ZEROの詳細を確認する

関連記事⇒愛しい、切ない。「エデンの東」

関連記事⇒トムクルーズの驚異のアクションを記録した「ミッション:インポッシブル」シリーズ

関連記事⇒デテイールを描くと現実が見える。「秒速5センチメートル」

関連記事⇒ミッキー・ロークがジェットリンクのよう。「ナインハーフ」

関連記事⇒ジェットリンクのジェームズ・デイーンの哀愁。「ジャイアンツ」

関連記事⇒人間到る処青山あり、そして慣れ親しむと楽しい。

関連記事⇒慣れ親しむと楽しむことが出来る。

関連記事⇒「エンゼルハート」の頃のミッキーロークは超カッコよかった。

2018.2/2 降った雪はシャーベット状だったけど、
     運転は甘く見てはいけないそうです。
     そちらはどうでした?

2018.1/31 夜中ドア開けて見上げたら、皆既月食見れた。
     なんか得した気分。

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

慣れ親しむと楽しむことが出来る

苦しいこと、つらいことを逆に楽しめないか

それは、苦しいこと、つらいことに、
馴染んじゃうと、慣れ親しんじゃうと楽しくなる。

だから苦しいとき、つらいときは、
”もっと馴染んじゃえば、
もっと慣れ親しんじゃえば楽しめるんじゃないか?”と
自分に問いかけてみてください。

苦しい、つらい状況、状態にいる時は慣れ親しんで楽しめる状況、状態
に向かってるんだと考えてください。

①何をつらい、苦しいと感じているのかを見極める。
②それ自体を楽しむということを目的にする。目標にする。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

アンテナサイト

アンテナサイト


恋愛テクニックランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト




コメントを残す

*